SSブログ

東京の坂と橋 番外編55 羽村山口軽便鉄道2 [東京の坂と橋]

玉川上水の話しを書きはじめて、なかなかここ羽村近辺から先に進めない[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
前回、羽村取水堰にある第3水門の上から青梅線を越えた辺りまでご紹介させていただいた。
 ⇒東京の坂と橋 113 遠江坂と羽村山口軽便鉄道 玉川上水を歩く第5回 (玉川上水10)

前回、この軽便鉄道の起点が確定できなかったため、記述しなかったことにお気づきだっただろうか。
実は、その後色々と調べて、多摩川右岸まで延びている写真を入手したが、多摩川右岸の何処まで伸びていたのかは結局はっきりしなかった。
地形を見ると、現在の羽村市郷土博物館の上流で、山が大きく川へせり出してきており、この辺りが起点ではなかったかと推測する。

次の写真は、羽村取水堰のすぐ下流を木で組んだ橋が写っているが、この上に線路が引かれていた。

DVC00002.JPG

写真では判りづらいが、右手から下りながら多摩川を渡り、右のほうへカーブを切っている。

次の写真は、1947年に米軍が撮影した羽村取水堰付近の航空写真である。

1947取水堰.jpg

入手できた航空写真は、1947年(昭和22年)に米軍によって撮影されたものが一番古く、それを見ても判然としない。
次の地図は、上の写真とほぼ同じ位置の現代の地図で、軽便鉄道の跡と思われる場所に線を引いてみた。

現代取水堰.jpg

第3水門のところで、河岸段丘の上にいっきに登るのが、次の写真だ。

DVC00016.JPG

写真中央の石垣や、右端に見える倉庫のような建物は、現在でも健在である。
少し角度が違うが、次の写真は現代の様子だ。

第三水門.jpg

昔の写真を見るとかなりの急坂であるが、多摩川の採石地点から、この先の加美平団地まではインクライン(ケーブルで引く)で引っ張られていたという。

DVC00005.JPG

上の写真は、多摩川の砂利を運んだ『ナベトロ』である。

次の写真は、左端中央が第3水門で、そこから真東に鉄道跡が伸びている。

第三水門から.jpg

第三水門から2.jpg

青梅線を越えて福生加美平団地付近で、インクラインから機関車にバトンタッチされた。
しかし、積み替えるのではなく、川から上がってきたナベトロを、そのまま機関車で引っ張って行ったようである。
次の写真の右手中央に白っぽくなっているところがあるが、そこが積み替え場だったのだろうか?

青梅線から.jpg

青梅線から2.jpg

DVC00004.JPG

車重は数トンあるのだろうディーゼル機関車の大きさは、軽自動車程度であったという。
数年前、加藤製作所の復元ディーゼル機関車が武蔵村山市で走行したが、それが羽村山口軽便鉄道を走っていたかどうかは判らない。

DVC00017.JPG

この下を導水管が走っているのだろうか。
次の写真は、現在でも使われている導水管の工事の様子である。

DVC00011.JPG

福生加美平団地を出発した機関車は、八高線をアンダーパスしてさらに東へと向かう。
現在は横田基地に阻まれて、基地の中はどのようになっているのか判らない。

横田基地.jpg

上の写真ではね八高線をくぐり国道16号までは跡がはっきりしているが、その先米軍基地にはいると跡がわからなくなる。

横田基地2.jpg

ここ横田基地の正式名称は、『アメリカ空軍横田飛行場』といい、本州最大のアメリカ空軍基地で、極東地域全体の兵站基地(輸送中継ハブ基地)としての機能を有している。

横田飛行場は、1940年(昭和15年)旧帝国陸軍立川飛行場の附属飛行場として建設され、『多摩飛行場』と呼ばれていた。
戦時中は、陸軍の航空機試験場として利用された。

1945年(昭和20年)9月4日にアメリカ軍に接収されると、どんどん拡張が始まり、1960年には現在の姿となった。
なぜ旧軍時代は『多摩飛行場』と呼んでいたのが、『横田飛行場』に変わったのかというと、多摩飛行場を目指して青梅街道を進駐してきたアメリカ軍が、北多摩軍村山村字横田付近(現在の武蔵村山市役所のある武蔵村山市中央付近)で、多摩飛行場の名前を尋ねたときに、答えた地元の人が現在地の地名を尋ねられているのと勘違いして、「ここは横田だ」と答えたのが、横田基地の名前の始まりといわれている。

さて、次回は横田基地東側から武蔵村山市の『横田トンネル』付近までをお伝えしたい。
今日の記事で使用した古い写真の出展は、武蔵村山市教育委員会の村山山口貯水池建設工事写真集による。


nice!(52)  コメント(10)  トラックバック(1) 

nice! 52

コメント 10

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

今度と通る時は良く見てみます。
by BPノスタルジックカーショー (2010-01-31 05:33) 

sak

ジェットコースターのような
急角度で線路が作られていたのですね
by sak (2010-01-31 05:49) 

駅員3

youziさん、xml_xslさん、qoo2qooさん、はっこうさん、ぷーちゃんさん、キャラハンさん、@ミックさん、まるまるさん、鉄腕原子さん、takemoviesさん、すーさん、BPノスタルジックカーショーさん、sakさん、ガンバルおやじさん、いわもっちさん、kskouzikさん、おはようございます。
ご訪問と、niceありがとうございます。

⇒BPノスタルジックカーショーさん
はい、是非ここら辺の良いところを味わってみてください!!

⇒sakさん
ほんとですね。
インクラインと知ってないと「えっ、どうやって登る・・・」と思いますね。
by 駅員3 (2010-01-31 09:52) 

くまら

東京市だったんだ・・・ヾ(・ε・。)そこかい!
by くまら (2010-01-31 12:30) 

さといも野郎

横田基地は、もとは多摩飛行場だったとは、、なるほど。
by さといも野郎 (2010-01-31 17:14) 

八丁掘

自分の知っている場所の「昔の航空写真」は見ていて楽しいですよねぇ~
全く道や建物が出来てなかったりして・・・(^o^)/
それにしても本当に真ぁ~直ぐ線路を作るんですねぇ
by 八丁掘 (2010-02-01 09:12) 

風の子

横田基地の名前の起こりなど 興味深く拝見させていただきました。
昔は 畑ばっかりだから 長い直線が作れたのでしょうか?
by 風の子 (2010-02-02 01:10) 

駅員3

STEALTHさん、gardenwalkerさん、enosanさん、小父蔵さん、くまらさん、さくら君さん、釣られクマさん、空楽さん、たくさん、genさん、manamanaさん、goshinさん、トロッコさん、さといも野郎さん、HALさん、umi37-さん、トメサンさん、koh925さん、今造ROWINGさん、八丁堀さん、paceさん、がっちゃんさん、だみかんさん、abikaさん、お茶屋さん、ナカムラさん、水郷楽人さん、かずのこさん、響希さん、空平-Sさん、junさん、風の子さん、Amanojackさん、こんばんは。
ご訪問と、niceありがとうございます。

⇒くまらさん
ははは、そうなんです、東京市だったんです(^^)

⇒さといも野郎さん
なんか戦前から「横田基地」って言っていたような気がしますよね。

⇒八丁堀さん
そうですね、じっくり空中散歩としゃれ込むと楽しいですね。

⇒風の子さん
そうですね、昔の航空写真をみると、ほとんど畑ばかりですね。
by 駅員3 (2010-02-02 23:21) 

kiyotime

しかしすごい勾配ですね、、
多摩川の砂利は貴重な建築資材だったでしょうから、
当時は頻繁にナベトロが行き来したのでしょうね。
by kiyotime (2010-02-05 01:06) 

駅員3

kilyotimeさんこんばんは、niceとコメントありがとうございます。
そうですね、ここ羽村取水堰の他、小作界隈からも砂利を採取していたようです。
by 駅員3 (2010-02-06 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。